国内外ニュース

東京パラリンピック、満員観客で 準備局、教育など取り組み強調

 【リオデジャネイロ共同】東京都オリンピック・パラリンピック準備局の児玉英一郎総合調整部長(52)は15日、リオデジャネイロ市内で開かれた国際パラリンピック委員会主催の会合で、2020年東京パラリンピックを「満員の観客で盛り上げ、史上最高の大会にすることを目指す」と述べ、準備状況を報告した。

 児玉氏は「大会を契機に、障害のある人もない人も互いに支え合う共生社会の実現に力を尽くす」とし、都が進める学校教育やボランティア養成の取り組みを強調した。

 都内在住でボランティアの経験がある人は現状では25%だが、大会を経て「40%にまで引き上げたい」と目標を掲げた。

(9月16日10時11分)

国際大会(9月16日)