国内外ニュース

「共謀罪」法案提出見送り 臨時国会で予定なし―菅氏

 政府は「共謀罪」の名称と構成要件を変えた組織犯罪処罰法の改正案について、26日召集の臨時国会に提出しない方針を固めた。菅義偉官房長官は16日の記者会見で「提出予定法案の中に入っていない」と言明した。2020年東京五輪に向けたテロ対策を強調したが、捜査機関による乱用で人権侵害が生じるとの懸念が残り、野党だけでなく与党内にも慎重論があった。

 萩生田光一官房副長官も衆院議院運営委員会理事会で「今国会では提出しない」と説明した。

(9月16日12時45分)

政治(9月16日)