国内外ニュース

国交省、虚偽申請に生産停止措置 三菱自燃費不正で再発防止策

 国土交通省は16日、三菱自動車とスズキの燃費不正問題を受けた再発防止策の最終報告書をまとめた。メーカーが虚偽申請した場合、自動車の生産を停止させる措置を導入し、30万円以下の罰金の対象とするなど処分の厳格化が柱。メーカーが行う走行試験の抜き打ちチェックも行い、不正防止の効果を高める。生産停止措置や30万円以下の罰金を盛り込んだ道路運送車両法の改正省令を16日に施行した。

 石井啓一国交相は記者会見で、三菱自動車が再測定でも不正をしていたことに「法令順守と再発防止に対する疑問を抱かざるを得ない。極めて遺憾かつ深刻な状況だ」と厳しく批判した。

(9月16日12時25分)

政治(9月16日)