国内外ニュース

輸入米、業者が高値に見せかけ 国の売買入札、実態調査へ

 海外からの輸入米に関し国の管理で行われている売買入札で、輸入業者が実際より価格を高く見せかけて入札に参加する不透明な取引があったことが分かり、山本有二農相は16日の閣議後の記者会見で実態を調査する考えを明らかにした。山本氏は「法律上、外形的な問題はないが、適正な運営が図られていなかったとすれば問題であり、精査したい」と述べた。

 海外産のコメを巡っては、環太平洋連携協定(TPP)で米国とオーストラリア産の輸入枠を拡大することが決まっている。政府、与党は26日召集の臨時国会での協定承認を目指しているが、審議に影響する可能性もある。

(9月16日12時55分)

経済(9月16日)