国内外ニュース

沖縄相「早く片付けて」 辺野古移設の国、県対立

 鶴保庸介沖縄北方担当相は16日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る国と県側の対立について「注文はたった一つ、早く片付けてほしいということに尽きる」と述べた。沖縄県内で移設への反対が根強い中、「片付けて」との発言は反発を呼ぶ可能性がある。

 国が移設反対を訴える翁長雄志知事を相手に起こした訴訟に関しては「(裁判は)正常な喜ばしい事態だと思わない。それぞれが譲歩し、納得する形で決着をつけるのが道筋だ」とも指摘した。

(9月16日13時01分)

政治(9月16日)