国内外ニュース

メタボ健診合格2割どまり 健保組合連合会が調査

 メタボ健診の結果  メタボ健診の結果
 40~74歳を対象とした特定健康診査(メタボ健診)を受けたサラリーマンらのうち、健康の目安となる血圧などの数値4項目全てが厚生労働省の定める基準範囲内だった“合格者”は5人に1人にとどまったことが、健康保険組合連合会(健保連)の調査で分かった。

 健保連は約1400の健康保険組合で構成し、主に大企業の従業員と家族ら約3千万人が加入。このうち433組合が2014年度にメタボ健診を受けた約326万人の血圧、脂質、血糖、肝機能のデータを分析した。

(9月16日16時35分)

医療・健康(9月16日)