国内外ニュース

世界遺産へ沖ノ島特別展 初公開の国宝も、福岡

 特別展「宗像・沖ノ島 大国宝展」で展示される国宝の金銅製龍頭=16日、福岡県宗像市  特別展「宗像・沖ノ島 大国宝展」で展示される国宝の金銅製龍頭=16日、福岡県宗像市
 日本が来年の世界文化遺産登録を目指す古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)で出土した国宝約1万6千点を紹介する特別展「宗像・沖ノ島 大国宝展」が17日から、福岡県宗像市の宗像大社で開かれる。遺跡の価値や、世界遺産登録の意義を知ってもらうのが目的で、国宝の銅鏡1点が初公開される。11月28日まで。

 宗像大社、RKB毎日放送(福岡市)が主催。16日は報道陣向けの内覧会があった。

 企画展の問い合わせは宗像大社、電話0940(62)1311。

(9月16日17時15分)

文化・芸能(9月16日)