国内外ニュース

造形作家山本高樹さん作品展開催 昭和の町並みジオラマに、千葉

 展示される大阪・通天閣周辺の昭和期の風景を再現したジオラマ  展示される大阪・通天閣周辺の昭和期の風景を再現したジオラマ
 昭和の町並みを再現したジオラマ製作で知られる造形作家山本高樹さん(52)の作品展が、17日から出身地の千葉県市川市で開かれるのを前に、報道陣に16日、事前公開された。山本さんの作品はNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のオープニング映像に使われたこともあり、人気を集めている。一般公開は11月27日まで。

 作品展では、市川市の京成八幡駅周辺や東京・浅草の三社祭、大阪にある通天閣などの昭和期の風景をモチーフにしたジオラマ28点を公開。

 建物内部や行き交う人々の喜怒哀楽まで精巧に表現されている。作品の多くには、市川市ゆかりの作家永井荷風の人形が添えられている。

(9月16日18時06分)

暮らし・話題(9月16日)