国内外ニュース

千葉の切断遺体は21歳弟 県警、殺人容疑視野に捜査

 千葉県酒々井町の住宅で切断された遺体が見つかった事件で、千葉県警は16日、遺体を竹内愛美容疑者(25)=死体損壊容疑などで逮捕=と同居の弟で老人福祉施設職員の諒さん(21)と確認した。

 捜査関係者によると、竹内容疑者は「弟と小さなことでもめ、殺害してしまった。処理に困り切断した」と供述。県警は殺人容疑での立件を視野に捜査する。

 県警によると、諒さんは昨年9月から施設で働き、高齢者の介護に携わっていた。8月30日に泊まり勤務し、翌31日に職場を出たのが確認されている。

 竹内容疑者は諒さんと2人暮らしだった。

(9月16日18時25分)

社会(9月16日)