国内外ニュース

自民都連、小池氏応援で離党勧告 区議7人に処分

 自民党東京都連は16日、都内で国会議員や都議、各支部の幹部らが出席する合同会議を開き、7月の都知事選で党方針に反し小池百合子知事を応援した豊島、練馬の両区議計7人を離党勧告処分とすることを決めた。

 都連は同日、新会長に下村博文党幹事長代行を正式に選出。下村氏は会議後、記者団に対し、10月末までに勧告に従わない場合は除名処分もあり得る、と説明した。

 同様に小池知事を応援した若狭勝衆院議員が口頭の厳重注意処分にとどまったこととの関連を問われると「国会議員については党本部が判断。都連と立場が違うのでやむを得ない部分もある」と言葉を濁した。

(9月16日19時16分)

政治(9月16日)