国内外ニュース

不正受給でNHK職員処分 停職3カ月

 NHKは16日、勤務実態がないのに休日出勤や時間外勤務を申請し手当約26万円を不正受給したなどとして、30代の男性職員を停職3カ月の懲戒処分にすると発表した。処分は23日に発令予定。

 NHKによると、職員は本部勤務。昨年3月から今年6月までの間に、不正な勤務処理を繰り返していた。当時の上司に当たる副部長もけん責の懲戒処分にした。普段の勤務態度にも問題があり、上司が注意しても改善が見られなかったという。

 NHKは「再発防止に向け、職員に対するコンプライアンス意識の徹底を図ります」とのコメントを出した。

(9月16日19時45分)

文化・芸能(9月16日)