国内外ニュース

非常階段、外部から入れず マツダ寮、防犯カメラ捜査

 広島市のマツダ社員寮で同社社員の菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、現場の非常階段は建物の内部にあり、外部からは寮の玄関を通らなければ行けない構造だったことが17日、関係者への取材で分かった。

 一方、寮の玄関付近にいる管理人が、出入りする人の身分証などを確認する習慣はなく、誰でも簡単に出入りできる状況だった。捜査本部は玄関に設置された防犯カメラの解析を進め、事件前後の詳しい状況を調べている。

 捜査本部などによると、菅野さんは夜勤を終えた14日午前5時40分ごろに退社。死亡推定時刻は同日午後とみられる。

(9月17日5時41分)

社会(9月17日)