国内外ニュース

フィギュア、宮原はSP首位 国際大会

 女子SPで演技する宮原知子=ソルトレークシティー(ゲッティ=共同)  女子SPで演技する宮原知子=ソルトレークシティー(ゲッティ=共同)
 【ソルトレークシティー共同】フィギュアスケートの国際大会、USインターナショナルクラシック第2日は16日、ソルトレークシティーで行われ、女子のショートプログラム(SP)は宮原知子(関大)が70・09点で首位発進した。

 アイスダンスのショートダンス(SD)は村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が61・10点の2位につけた。

 ペアのフリーはSPで5組中4位の須藤澄玲(神奈川ク)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組がフリー78・16点の合計122・64点で4位。男子ではSP3位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)がフリー2位の169・65点で合計252・20点の2位。

(9月17日13時51分)

スポーツ(9月17日)