国内外ニュース

国連で日米学生が平和会議 初開催、原爆の怖さ共有

 講演する被爆者のサーロー節子さん(奥右端)と広島女学院高の生徒ら。奥左端は渡辺英徳准教授=16日、ニューヨーク(共同)  講演する被爆者のサーロー節子さん(奥右端)と広島女学院高の生徒ら。奥左端は渡辺英徳准教授=16日、ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】日米の高校生ら約50人が平和をテーマに語り合う初の「高校生平和会議」が16日、ニューヨークの国連本部で開かれた。互いの国の立場を理解しつつ原爆の怖さを共有し、核兵器のない平和な世界について話し合った。

 高校生はカナダ在住のサーロー節子さんが広島で被爆した体験を聞き、被爆の記憶を受け継ぐ方法なども議論。高校生のリース・グラハムさん(16)は「最初の一歩が重要。まずは友人や母に伝えたい」と話した。

 会議を企画した首都大学東京の渡辺英徳准教授は、被爆の全体像を世界に発信していることも紹介した。

(9月17日11時30分)

国際(9月17日)