国内外ニュース

日本、国際線CO2規制に参加へ コスト増で運賃転嫁か

 国際線の民間航空機の温室効果ガス排出を2020年以降に規制する国際的枠組みに、日本政府が参加する方針を固めたことが17日、分かった。二酸化炭素(CO2)排出量に上限が設けられることになり、新型機への更新などで航空会社のコストが増え、航空運賃に一部転嫁される可能性がある。

 規制は国連専門機関の国際民間航空機関(ICAO)で協議しており、航空業界の温室効果ガス総排出量を20年時点から増加させないことを目指す。9月下旬の総会で正式決定し、米国、中国、欧州も参加する方向だ。

 日本政府は長野県で23~25日に開かれる先進7カ国交通相会合の前後に参加表明する見通し。

(9月17日12時41分)

科学・環境(9月17日)