国内外ニュース

錦織組が勝ちWG残留決定 デ杯テニス第2日

 ダブルスでウクライナ組に勝利しワールドグループ残留を決め、喜ぶ錦織(右)、杉田組=大阪市靱TC  ダブルスでウクライナ組に勝利しワールドグループ残留を決め、喜ぶ錦織(右)、杉田組=大阪市靱TC
 男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本―ウクライナ第2日は17日、大阪市靱TCでダブルス1試合が行われ、日本は錦織圭(日清食品)杉田祐一(三菱電機)組がアルテム・スミルノフ、セルジー・スタホフスキー組に6―3、6―0、6―3で勝って3勝目を挙げ、WG残留を決めた。

 ウクライナは当初出場の予定だったダニロ・カレニチェンコからスミルノフに変更となった。

 日本は第1日のシングルス2試合をダニエル太郎(エイブル)と西岡良仁(ヨネックス)で連勝した。

(9月17日13時11分)

スポーツ(9月17日)