国内外ニュース

公明党大会、山口代表の5選承認 井上幹事長ら幹部も再任

 公明党の党大会で、あいさつする山口代表。1998年の公明党再結成後、代表の5選は初となった=17日午後、東京都千代田区  公明党の党大会で、あいさつする山口代表。1998年の公明党再結成後、代表の5選は初となった=17日午後、東京都千代田区
 公明党は17日、東京都内で党大会を開き、山口那津男代表の5選を正式に承認した。1998年の党再結成後、代表の5選は初めて。井上義久幹事長、漆原良夫中央幹事会会長、石田祝稔政調会長ら幹部も再任した。次期衆院選や来年夏の東京都議選を見据え、安定重視の布陣とした。安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正の論議にどう向き合うかが重い課題となる。

 山口氏はあいさつで「連立政権の一翼として政策実現に全身全霊で戦い抜く決意だ。最重要課題は経済再生と社会保障の充実だ」と述べた。

 憲法改正に関しては「国民の理解をじっくり促しながら、国会で幅広い合意形成を進めるべきだ」と強調した。

(9月17日17時21分)

政治(9月17日)