国内外ニュース

事故遺族、組織罰新設求める署名 ネット、街頭で

 尼崎JR脱線事故や中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故の遺族らが、事故を起こした法人の罪を問えるような新しい法律の制定を目指す「組織罰を実現する会」(事務局・兵庫県西宮市)の会合が17日、大阪府高槻市であり、立法を求める署名活動を始めると決めた。

 署名はインターネット上や街頭などで集め、法務相に提出したいとしている。初めての街頭署名活動は10月8日、JR尼崎駅前で行う。会合には軽井沢スキーバス転落事故の遺族も出席した。

 同会のホームページはhttp://soshikibatsu.jp/

(9月17日18時26分)

社会(9月17日)