国内外ニュース

ベルギーで未成年安楽死 国内初と報道

 【ウィーン共同】ベルギー紙ニュースブラット(電子版)は17日、同国で初めて未成年の安楽死が実施されたと伝えた。ベルギーは2014年、医師による安楽死を未成年にも認める法律を施行。年齢制限がない点で世界初の法律とされる。

 隣国オランダも未成年の安楽死を認めているが、12歳以上に限定している。

 同紙によると、北部オランダ語圏フランデレン地域の死期が間もない患者だったとされるが、年齢や性別は明らかにされていない。

 成人の場合は精神的苦痛も理由として認めるが、未成年は肉体的な苦痛があり、死期が間もない患者に制限し、親の同意も必要とする。

(9月17日22時56分)

医療・健康(9月17日)