国内外ニュース

米マラソン会場で爆弾爆発 レース前、けが人なし

 17日、米ニュージャージー州の爆発現場付近で警戒する警察官(ゲッティ=共同)  17日、米ニュージャージー州の爆発現場付近で警戒する警察官(ゲッティ=共同)
 【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州で予定されていたマラソン大会の会場付近で17日、小型のパイプ爆弾が爆発した。数千人の参加者が集まっていたが、レース前だったこともあり、けが人はいなかった。複数の米メディアが伝えた。

 マラソンは退役軍人のためのチャリティーイベントで、海岸線を5キロにわたって走る予定だった。大会は中止され、警察当局は近くの住民を避難させた。連邦捜査局(FBI)はテロの可能性もあるとみて捜査を開始した。

 CNNによると、爆弾は道路脇のごみ箱の中に複数個まとめて仕掛けられていた。午前9時半ごろに爆発し、ごみ箱は下半分が吹き飛んだ。

(9月18日6時15分)

国際(9月18日)