国内外ニュース

リオ・パラ自転車イラン選手死亡 48歳、レース中に頭など強打

 2012年8月、ロンドン・パラリンピックの自転車レースに出場したバハマン・ゴルバルネジャド選手(ゲッティ=共同)  2012年8月、ロンドン・パラリンピックの自転車レースに出場したバハマン・ゴルバルネジャド選手(ゲッティ=共同)
 【リオデジャネイロ共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は17日、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)のバハマン・ゴルバルネジャド選手(イラン)がレース中の事故で死亡したと発表した。48歳だった。IPCによると、パラリンピックでの選手の死亡事故は初めて。

 IPCなどによると、事故は17日午前10時半(日本時間同午後10時半)ごろ起きた。山間部を走っていた同選手は下り坂でスピードに乗った状態でカーブを曲がり切れず、壁に衝突して頭などを強く打った。病院に運ばれて手当てを受けたが、心肺停止の状態だった。

(9月18日12時12分)

国際大会(9月18日)