国内外ニュース

コロンビア和平合意、機関決定へ 左翼ゲリラが代表者会議

 17日、コロンビア南部で開いた会議に参加した左翼ゲリラの代表者ら(ロイター=共同)  17日、コロンビア南部で開いた会議に参加した左翼ゲリラの代表者ら(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】半世紀余り続いた内戦の終結に向けてコロンビア政府と最終和平合意に達した左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)は17日、同国南部で代表者会議を開いた。和平合意を機関決定し今後の政治戦略を練るのが目的で、23日まで。

 現地メディアの報道によると、ロンドニョ(通称ティモチェンコ)最高司令官は、各地から集まったゲリラの代表数百人を前に「コロンビア人が夢見る新しい国のために全精力を傾ける」などと演説した。

 和平成立後、FARCは政党として認められ、国会に議席を割り当てられる。会議では政党名も決められる見通し。

(9月18日10時55分)

国際(9月18日)