国内外ニュース

浜松工場最後の「空飛ぶ新幹線」 JR東海、点検作業公開

 JR東海の浜松工場で公開された、クレーンでつり上げられる新幹線の車体=18日、浜松市  JR東海の浜松工場で公開された、クレーンでつり上げられる新幹線の車体=18日、浜松市
 JR東海は18日、浜松工場で新幹線の車体をクレーンでつり上げ、車体と台車部分を分けて点検する作業を公開した。車体が2・3メートルの高さまでつり上げられると、周囲に集まった鉄道ファンらが一斉にフラッシュをたいた。

 同社によると、浜松工場は来年1月以降に設備を新しくする予定で、更新後は、他の工場同様、クレーンを使わない点検方法に改める。ファンの間で「空飛ぶ新幹線」と親しまれてきた公開イベントも今回が最後となる。

 18日は午前、午後合わせて8回のつり上げ作業が公開され、イベントには、ファンら約8300人が参加した。

(9月18日17時40分)

暮らし・話題(9月18日)