国内外ニュース

男子高飛び込み、岡島が2連覇 日本選手権最終日

 飛び込みの日本選手権最終日は18日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは岡島太一(日体大)が436・05点で2年連続2度目の優勝を果たした。女子1メートル板飛び込みは榎本遼香(筑波大)が252・40点で3年ぶり2度目の頂点に立った。

 シンクロ高飛び込みの男子は大久保柊(筑波大)金子舜汰(セントラルスポーツ)組が355・32点で制し、出場1組の女子は佐々木那奈、荒井祭里組(JSS宝塚)が303・12点だった。

(9月18日18時10分)

スポーツ(9月18日)