国内外ニュース

競輪、浅井らが決勝進出 共同通信社杯

 競輪の第32回共同通信社杯(G2)第3日は18日、富山市の富山競輪場で行われ、昨年のグランプリ覇者、浅井康太(三重)ら準決勝(第10~12レース)で各1~3着に入った9選手が決勝に進出した。

 第10レースは最終周の向正面でまくりきった平原康多(埼玉)が第1日から3連勝。昨年優勝の神山雄一郎が2着、佐藤悦夫(ともに栃木)が3着に入った。

 第11レースは新田祐大(福島)が一気にまくって快勝。2着は守沢太志(秋田)、3着は園田匠(福岡)だった。

 第12レースは中部勢が決勝へ。2番手につけた浅井が差し切り、逃げた竹内雄作(岐阜)が2着、西村光太(三重)が3着。

(9月18日18時16分)

スポーツ(9月18日)