国内外ニュース

鏡開きでパラ成功を祈願 小池知事「東京につなぐ」

 ジャパンハウスで行われたレセプションで乾杯する、東京都の小池百合子知事(左)とIPCのクレーブン会長=17日、リオデジャネイロ(共同)  ジャパンハウスで行われたレセプションで乾杯する、東京都の小池百合子知事(左)とIPCのクレーブン会長=17日、リオデジャネイロ(共同)
 【リオデジャネイロ共同】2020年東京パラリンピックをPRするレセプションが17日、リオデジャネイロの「ジャパンハウス」で国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長や競技団体の関係者を招いて催され、陸上女子400メートル(切断などT47)で銅メダルに輝いた辻沙絵選手(日体大)らと一緒に鏡開きを行って東京大会への成功を祈願した。

 東京都の小池百合子知事は「リオ大会の感動と成功を東京につなぐために全力を尽くしたい」と英語であいさつ。次回開催都市の代表として18日の閉会式ではリオ市からパラリンピック旗を引き継ぐ。

(9月18日20時06分)

国際大会(9月18日)