国内外ニュース

日米韓、北朝鮮核で連携 3外相、独自制裁も

 18日、米ニューヨークで韓国の尹炳世外相(左)、ケリー米国務長官(右)と手を合わせる岸田外相(ロイター=共同)  18日、米ニューヨークで韓国の尹炳世外相(左)、ケリー米国務長官(右)と手を合わせる岸田外相(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】日米韓3カ国外相は18日午後(日本時間19日未明)、米ニューヨークで会談し、5回目の核実験を強行した北朝鮮に一層の圧力を加えるため、国連安全保障理事会での新決議採択や、独自制裁の強化を目指し緊密に連携することで一致した。会談後、こうした内容の共同声明を発表した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題でも日米韓の連携が重要との認識を共有した。

 岸田文雄外相とケリー米国務長官、韓国の尹炳世外相が出席した。日米韓外相会談は、昨年9月のニューヨーク以来約1年ぶり。各国は安保理対応や、独自制裁を巡る検討を本格化させる。

(9月19日7時51分)

国際(9月19日)