国内外ニュース

台風16号、九州上陸 大雨警戒、太平洋側を東進

 台風16号の予想進路(19日9時現在)  台風16号の予想進路(19日9時現在)
 非常に強い台風16号は九州の南西海上を東寄りに進み、20日午前0時すぎ、鹿児島県・大隅半島に上陸した。今後は列島の太平洋側を東進し、21日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、台風の接近で列島に停滞する前線の活動も活発になり、20日は西日本・東日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨、局地的には猛烈な雨が降る恐れもあり、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 レーダーの解析では愛知県岡崎市内で19日夕、1時間に約110ミリ、鹿児島県枕崎市では深夜に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられる。

(9月20日1時56分)

社会(9月20日)