国内外ニュース

中国64都市で住宅価格上昇 8月、再び過熱感強まる

 【北京共同】中国国家統計局が19日発表した8月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち64都市で前月に比べ上昇した。上昇した都市は7月より13都市増加した。上昇都市数が増加するのは4カ月ぶり。各地方政府は住宅価格の高騰を抑えるために相次いで購入抑制策を打ち出しているが、不動産市場は再び過熱感が強まっているもようだ。

 下落した都市は前月より12都市少ない4都市だった。2都市は横ばいだった。

 江蘇省南京や湖北省武漢、山東省青島など地方の主要都市では前月比での上昇が続き、上昇率も拡大した。北京や上海、広東省広州などの大都市も上昇率が拡大した。

(9月19日12時12分)

経済(9月19日)