国内外ニュース

小学生が旅客機と綱引き、成田 20回目

 「ジェット機との綱引き大会」で、ボーイング787に付けた綱を引っ張る小学生=19日、成田空港  「ジェット機との綱引き大会」で、ボーイング787に付けた綱を引っ張る小学生=19日、成田空港
 小学生らが旅客機に付けた綱を引いて動かす「ジェット機との綱引き大会」が19日、成田空港で開かれた。20日の「空の日」を前に毎年行われ、今年で20回目。宮城県から福岡県まで約280人が参加した。

 旅客機は全長57メートル、重量約160トンのボーイング787。最初は約160人の小学生が長さ70メートルの綱を引っ張ったが、びくともしなかった。2度目に保護者が加勢すると機体がゆっくり前進。歓声が上がり、ハイタッチする親子の姿もあった。

 将来の夢がパイロットという福岡県小郡市の小学2年堤大志君(8)は「近くで見ると、いつもよりずっと大きい」とうれしそうだった。

(9月19日16時00分)

暮らし・話題(9月19日)