国内外ニュース

全傷連会長の杉山さんにお別れ 名古屋で通夜

 杉山千佐子さんの通夜に参列する支援者ら=19日午後、名古屋市  杉山千佐子さんの通夜に参列する支援者ら=19日午後、名古屋市
 民間戦災者の救済を求める運動を続け、18日に101歳で死去した全国戦災傷害者連絡会(全傷連)会長杉山千佐子さんの通夜が19日、名古屋市中区の名古屋教会で営まれ、支援者ら約70人が別れを惜しんだ。杉山さんの遺志により喪主は置かず、近親者だけで執り行った。

 杉山さんの支援を続けた元中日新聞記者の岩崎建弥さん(75)は「全くぶれない人だった。最後まで凜として生き続けた」とあいさつ。支援者の名古屋市の早川千代子さん(71)は「運動が実らずに逝くのは残念だと思う。でも101歳まで頑張った」と涙ぐんだ。

(9月19日21時10分)

社会(9月19日)