国内外ニュース

バレーボールにプロリーグ構想 早ければ18年秋から

 バレーボールのプレミアリーグなどを主催する日本バレーボールリーグ機構が新たなリーグを創設してプロ化を目指す構想があることが19日、関係者への取材で分かった。2018年秋開幕を目指す。20日に発表する。参加のためにはことしの11月末までの意思表明が必要で、男女とも6チーム以上あった場合に発足する。

 関係者によると名称は「スーパーリーグ」を予定。現行のプレミアリーグは大部分が企業による実業団チームで構成される。一部の選手はプロだが、大半が社員。スーパーリーグ参加のためにはチームの運営母体がバレーボール事業のために独立した法人となることが条件。

(9月20日2時06分)

スポーツ(9月20日)