国内外ニュース

民進党、選対委員長に馬淵氏 政調会長は大串氏昇格

 馬淵澄夫氏(左)、大串博志氏(右)  馬淵澄夫氏(左)、大串博志氏(右)
 民進党の蓮舫代表は19日、新執行部人事で選対委員長に馬淵澄夫元国土交通相を起用する方針を固めた。同日、打診し馬淵氏が受け入れた。政調会長は大串博志政調会長代理の昇格が決まった。既に幹事長、代表代行3人、国対委員長が内定しており、役員人事の骨格が固まった。21日までに両院議員総会を開き、了承を取り付けたい考えだ。党関係者が明らかにした。

 代表選で蓮舫氏を支持した議員が目立ち、党内に「論功行賞色の濃い人選」(中堅)との不満もくすぶる。対立候補だった前原誠司元外相と玉木雄一郎国対副委員長は要職に就かない見通しだ。

(9月20日2時06分)

政治(9月20日)