国内外ニュース

北朝鮮が新型エンジン実験 静止衛星用「成功」と報道

 北朝鮮の労働新聞が20日掲載した「静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン」の地上燃焼実験の写真(共同)  北朝鮮の労働新聞が20日掲載した「静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン」の地上燃焼実験の写真(共同)
 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、北西部東倉里の「西海衛星発射場」で新たに開発した「静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン」の地上燃焼実験に成功したと報じた。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い「さまざまな用途の衛星をさらに多く製造、発射してわが国を数年内に静止衛星保有国にするべきだ」と述べ、将来的な「静止衛星打ち上げ」を指示した。

 日米韓などは北朝鮮の「衛星打ち上げ」を事実上の長距離弾道ミサイル発射実験と見なし、国連安全保障理事会決議は北朝鮮に弾道ミサイル技術を使った全ての発射を禁じている。金氏は国際社会に対抗し、打ち上げを続ける姿勢を鮮明にした。

(9月20日8時10分)

国際(9月20日)