国内外ニュース

英、救命胴衣の墓標で支援訴え 海渡った難民着用

 19日、ロンドンの英国会議事堂前に並べられた難民らの救命胴衣(ロイター=共同)  19日、ロンドンの英国会議事堂前に並べられた難民らの救命胴衣(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】ロンドンの英国会議事堂前の広場で19日、トルコから海を隔てたギリシャをボートなどで目指した難民や移民が着用していた救命胴衣約2500着を並べて、国際社会に難民対策強化を訴えるイベントが行われた。

 オレンジ色などの救命胴衣が緑の芝生の上に並べられ、中には子ども用もあった。海を渡る途中で命を落とした多数の難民らの墓標にも見立てた。

 英メディアによると、UNHCRや「国境なき医師団」などの援助団体が、移民・難民対策に関するニューヨークでの国連サミットに合わせて企画した。

(9月20日10時06分)

国際(9月20日)