国内外ニュース

東京円、101円台後半

 連休明け20日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=101円台後半で取引された。

 午前10時現在は、16日終値と比べ02銭円高ドル安の1ドル=101円88~89銭。ユーロは66銭円高ユーロ安の1ユーロ=113円81~82銭。

 朝方は、米国の住宅関連の指標が好調だったことを背景に、円売りドル買いがやや優勢だった。ただ、日銀の金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会の結果公表を控え、持ち高調整で円を買ってドルを売る動きもあり、小幅にもみ合った。

 市場では「日米での大きなイベントを前に、投資家には様子見ムードが強い」(外為ブローカー)との声があった。

(9月20日10時31分)

経済(9月20日)