国内外ニュース

台風16号で鉄道、空の便乱れる 近畿と中四国、九州

 強い台風16号が九州に上陸した影響で20日、近畿や中四国では特急の運休や飛行機の欠航が相次ぎ、交通に乱れが出た。

 JR西日本によると、京都・大阪方面と和歌山方面を結ぶ特急くろしおの一部で運行を取りやめ、紀勢線の和歌山―新宮間の運転を見合わせた。

 近鉄は午後から大阪難波―近鉄名古屋間の特急電車を運転見合わせ。

 また、日航は中四国に発着する便を中心に38便が欠航。全日空も大阪発高知行きの便など44便の欠航を決めた。

 九州各県の高速道路は通行止めとなる区間が相次ぎ、JR鹿児島線や肥薩線などの一部が始発から運転を見合わせた。

(9月20日12時55分)

社会(9月20日)