国内外ニュース

元干物店員が無罪主張、静岡 女性社長ら2人を殺害

 静岡県伊東市で2012年12月、干物販売店「八八ひもの」の女性社長ら2人を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人罪に問われた元従業員肥田公明被告(64)は20日、静岡地裁沼津支部(斎藤千恵裁判長)の裁判員裁判初公判で「全て間違っています」と起訴内容を全面否認し、無罪を主張した。

 事件では、凶器などの物証はほとんど見つかっておらず、被告が多額の借金を抱えていたことや、事件前後の被告の行動など、状況証拠の評価が争点となる見込み。

 検察側は冒頭陳述で「犯行当日に店の駐車場で被告の車が目撃されている。犯行の機会があったのは被告しかいない」と指摘した。

(9月20日12時11分)

社会(9月20日)