国内外ニュース

福井の大学院生殺害で遺族が陳述 「娘を返して」

 昨年3月に教え子だった大学院生菅原みわさん=当時(25)=を殺害したとして、殺人罪に問われた福井大大学院元特命准教授前園泰徳被告(44)の裁判員裁判公判が20日、福井地裁(入子光臣裁判長)であり、菅原さんの母親が意見陳述で「今も死を受け入れることができない。娘を返してほしい」と涙ながらに心情を語った。

 母親に先立ち出廷した妹2人は「前園被告は先生という立場を利用して姉につけこんだ」と訴え「証拠も処分されてしまい、私たちはもう真実を知ることもできない。被告を一生許さない」と憤りをあらわにした。

(9月20日17時00分)

社会(9月20日)