国内外ニュース

商業地9年ぶり下げ止まり 16年基準地価、二極化も

 1平方メートル当たりの地価が最高額となった東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」  1平方メートル当たりの地価が最高額となった東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」
 国土交通省は20日、今年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)に関し、商業地の全国平均が横ばいに転じ、9年ぶりに下落が止まったと発表した。前年に比べ0・005%上昇とわずかながらプラス。三大都市圏以外の地方の中核的な4市(札幌、仙台、広島、福岡)は平均でプラス6・7%と上昇幅が拡大し、東京などから上昇が波及した。

 4市以外の地方圏は下落幅が縮小したものの、4市の上昇ペースに比べると縮小は緩やかで、二極化が一段と進んだ。

 国交省は要因として、全国の主要都市で外国人旅行者の急増に伴いホテルや店舗の建設需要が高まっていることなどを挙げた。

(9月20日19時05分)

経済(9月20日)