国内外ニュース

転職、半数以上が「満足」 厚労省の2015年調査

 厚生労働省が20日公表した2015年の転職者実態調査によると、転職後の勤め先を「満足」「やや満足」とした人の割合は53・3%と半数以上だった。「不満」「やや不満」の割合は10・3%だった。「満足」「やや満足」から「不満」「やや不満」を引いた「満足度指数」は43・0ポイントだった。

 厚労省は「景気回復や人手不足から転職市場が活況で、より良い条件を求めて転職し、成功しているケースが多い」と分析した。満足した理由として「仕事内容・職種」や「通勤の便」「人間関係」を挙げた人が多く、「賃金」や「役職」は少なかった。

(9月20日17時55分)

暮らし・話題(9月20日)