国内外ニュース

台風16号、太平洋沿岸を横断 各地で記録的大雨、浸水警戒

 台風16号による強い風雨の中、傘を支えながら歩く人たち=20日午後、名古屋市  台風16号による強い風雨の中、傘を支えながら歩く人たち=20日午後、名古屋市
 鹿児島県に上陸した台風16号は20日午後1時半ごろ、和歌山県に再上陸した。勢力を弱めながら東日本の太平洋沿岸を東に進み、同日夜、温帯低気圧に変わった。各地で記録的な大雨を観測し、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けた。

 愛知県清須市では20日、道路が冠水し、水没した車から見つかった女性が意識不明の重体。長野県と兵庫県の川では、愛知県の男性(66)と6歳男児がそれぞれ流され行方不明となった。西日本の各地で住宅が倒壊したり、強風で転倒したりするなど、けが人は30人以上に上った。宮崎県では河川の氾濫などで冠水が相次いだ。

(9月20日23時25分)

社会(9月20日)