国内外ニュース

初優勝のSクライミング代表帰国 「五輪で金を」と楢崎

 スポーツクライミングの世界選手権から帰国し、メダルを手にポーズをとる(左から)野中生萌、楢崎智亜、野口啓代=20日、羽田空港  スポーツクライミングの世界選手権から帰国し、メダルを手にポーズをとる(左から)野中生萌、楢崎智亜、野口啓代=20日、羽田空港
 スポーツクライミングの世界選手権で日本選手初の優勝を果たしたボルダリング男子の20歳、楢崎智亜(栃木県連盟)ら日本代表が20日、開催地のパリから羽田空港に帰国した。2020年東京五輪の追加種目に決まり、注目が集まる中での快挙となったホープは「体も心ももっと成長して、五輪で金メダルを取れるようにしたい」と意欲を口にした。

 4年後の五輪は、複数のコースをいくつ登り切れたかで争うボルダリングに加え、登る速さを競う「スピード」、制限時間内に到達した高さを争う「リード」の複合種目として実施される。

(9月20日18時25分)

国際大会(9月20日)