国内外ニュース

歴代市場長、地下空間認識せず 豊洲の盛り土問題で都調査

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、都の歴代の中央卸売市場長が都の調査に対し、地下空間の存在を認識していなかったと説明していることが20日、都幹部への取材で分かった。担当部局のトップに重要事項が引き継がれていないことが明らかになり、都の管理態勢の不備が問われることになりそうだ。

 都幹部によると、歴代の市場長は、いずれも都の調査に対し「豊洲の建物下が地下空間になっているとの報告はなかった。盛り土はされていると思っていた」などと話しているという。

 都は週内にも小池百合子知事に判明した経緯を報告する。

(9月20日19時51分)

社会(9月20日)