国内外ニュース

自民総裁任期延長の方向 3期9年や多選制限の撤廃検討

 自民党本部で開かれた「党・政治制度改革実行本部」役員会に臨む高村副総裁(中央)、茂木政調会長(左から2人目)ら=20日、東京・永田町  自民党本部で開かれた「党・政治制度改革実行本部」役員会に臨む高村副総裁(中央)、茂木政調会長(左から2人目)ら=20日、東京・永田町
 自民党の「党・政治制度改革実行本部」(本部長・高村正彦副総裁)は20日、初の役員会を党本部で開き、党則で「連続2期6年まで」と制限している総裁任期に関し「3期9年」への延長か、多選制限の撤廃を軸に検討する方針を確認した。延長自体には異論が出ず、現行の任期幅が拡大する方向となった。来年の党大会での党則改正へ調整を加速する。

 2018年9月に総裁任期満了となる安倍晋三首相の連続3選出馬に道を開き、20年東京五輪・パラリンピックを現職首相として迎える可能性が出てくる。

(9月20日19時56分)

政治(9月20日)