国内外ニュース

中国鉄鋼2社が合併方針 世界2位へ、宝鋼と武漢

 【上海共同】中国の国有鉄鋼大手、宝鋼集団(上海市)と武漢鋼鉄集団(湖北省)は20日、双方の上場子会社が合併する方針だと発表した。最終的には両集団が経営統合し、粗鋼生産量で世界首位のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)に次ぐ2位の巨大鉄鋼企業が誕生する見通し。国際的な批判を浴びている鉄鋼の過剰生産の解消に向け、統合を機に生産能力を大幅に削減できるかどうかが焦点となる。

 両社の上場子会社の発表によると、宝鋼側が武漢鋼鉄側を吸収合併する。ただ、合併には政府の承認が必要で、最終的な統合計画は確定していないとしている。

(9月20日21時25分)

経済(9月20日)