国内外ニュース

NY爆発事件で容疑者を訴追 ノートに「聖戦」

 アハマド・カーン・ラハミ容疑者(ロイター=共同)  アハマド・カーン・ラハミ容疑者(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】米ニューヨークやニュージャージー州で起きた爆発事件で、司法当局は20日、警官との銃撃戦の末に拘束されたアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)を、爆発物使用などの容疑で訴追した。容疑者のノートに、爆弾で米政府などとの「聖戦(ジハード)」を行うとの趣旨の記述があることも判明。イスラム過激思想に影響された連続爆弾テロだったとみられる。

 CNNテレビによると、ラハミ容疑者が持っていたノートに、イエメンに拠点を置く国際テロ組織アルカイダ系「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」元幹部の影響をうかがわせる記述が見つかった。

(9月21日12時15分)

国際(9月21日)