国内外ニュース

首相、北朝鮮制裁決議へ協力要請 国連事務総長に

 国連の潘基文事務総長(右)と握手する安倍首相=20日、ニューヨーク(共同)  国連の潘基文事務総長(右)と握手する安倍首相=20日、ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日午前)、米ニューヨークで国連の潘基文事務総長と会談し、核実験を強行した北朝鮮に新たな制裁を科す国連安全保障理事会決議の早期採択へ協力を要請した。首相は核実験について「国連の存在意義への挑戦」と強調した。

 両氏は地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」を巡っても意見を交わした。速やかな日本の締結に期待感を示した潘氏に対し、首相は全力を尽くす方針を示した。

 首相は、安全保障関連法の施行を踏まえ、国連平和維持活動(PKO)を通じた国際貢献をこれまで以上に進める考えも伝えた。

(9月21日10時05分)

政治(9月21日)