国内外ニュース

高浜原発テロ対策施設を正式許可 3・4号機、新基準で初

 原子力規制委員会は21日、定例会合を開き、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)のテロ対策施設の設置を正式に許可した。2013年に施行された原発の新規制基準で設置が義務付けられた同施設の設置許可は初めて。

 規制委は8月、関電の設置計画を了承し、エネルギー政策を所管する経済産業相などに意見を求めていた。

 新基準は、航空機を意図的に衝突させるようなテロ対策として、遠隔操作で原子炉の冷却を維持するための緊急時制御室などを備えた「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置を要求。原発本体の審査合格から5年以内の設置を求めている。

(9月21日11時16分)

科学・環境(9月21日)