国内外ニュース

民進富山県連代表も不正疑惑 政活費、県議辞職へ

 民進党富山県連代表の坂野裕一県議(52)が、架空の印刷費を計上し、政務活動費約130万円を不正請求していた疑いがあることが21日、分かった。坂野氏は同日午後、辞職願を提出する。

 政活費の収支報告書によると、2014~15年度に3回、会派広報紙の印刷代として、計約130万円を請求していた。しかし、領収書を発行した富山市の印刷会社によると、入金記録はなく、営業担当者が坂野氏側に白紙の領収書3枚を渡していたという。

 富山県議会の民進党会派では、山上正隆氏(61)も、計37万5千円を不正に受け取ったことが発覚し、20日に議員辞職した。

(9月21日13時25分)

社会(9月21日)